世の中のいろいろなことに対して、少しばかり主張してみます。


by Hi-Zettaisha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今日は「竹島の日」

今日、2月22日は、島根県が制定した「竹島の日」です。
日本が近代国民国家として形を整える中で、必要となったのが支配権の及ぶ領域の確定。
2月22日は竹島が正式に国際社会から日本領と認められ、島根県の所管とされた日で、明治38年のことです。

米ソ冷戦下でたびたびクローズアップされ、国民の関心もそれなりにある“北方領土”(南千島と歯舞諸島・色丹島)に比べ、サンフランシスコ講和条約の調印から発効(日本の主権回復)の間のどさくさに紛れ、冷戦下の「味方側」韓国に奪取された竹島については、日本政府も事を荒立てたくなかったのか積極的に問題にすることを避けてきました。
しかし竹島を奪取されたということは、人の住めない小さな島々が奪われただけではありません。
領土の周りには領海があります。
日本は漁業資源に富む、竹島の周りの海も韓国に奪取されたのです。
韓国の李承晩大統領が「海洋主権」を宣言したのも、海に主眼を置いていたことを示しています。
漁場と漁船、そして命を奪われた島根県の漁師さんたちは、何もしない日本政府に絶望しました。

業を煮やした島根県が、竹島に国民の関心を集めようと「竹島の日」条例を制定したのが一年前。
日本国民に、竹島問題は浸透したんでしょうか?
未だに知らない人もいるかも知れません。
参考までに、資料を置いておきましょう。
◆「かえれ!竹島」←島根県が作成したホームページ
◆「竹島問題」←竹島問題が判りやすくまとめられたホームページ
◆「Toron Talker」←日韓間の問題全般を扱ったホームページ

一年前の大騒動も記憶に新しいところですが、未だに韓国は対馬侵略(応永の外寇)を記念した「対馬島(テマド)の日」を取り下げていませんし、今日の式典を妨害する運動家たちを日本に送り出しています。
日本本土より朝鮮半島に近い島々は、例え日本人が住んでいても韓国領なんでしょうか?
彼らが「侵略的」と非難する日本より、彼らの行動の方が遥かに侵略的に映ります。
そして日本の“反戦平和主義者”と自称する人たちがそれを問題視しないのも、毎度のことながら奇妙です。
「ともかく平和であれば、領土を取られようが他人の生命・財産を奪われようがOK」なのですから、まぁ当然といえば当然のことですが。

ニュースを拾ってみました。
島根県の地元紙「山陰中央新聞」には、昨日の「島根県が竹島担当スタッフ配置へ」の記事↓だけのようです。
島根県が竹島担当スタッフ配置へ
島根県は新年度、竹島の領有権確立に向けての世論啓発を目的に、県総務部総務課に課長級の担当職員1人を配置する。設置期間は08年度までの3年間。県民の関心度引き上げに向けた目標値を掲げて、世論喚起に取り組む。
鳥取県の地元紙「日本海新聞」はどちらかと言えば左翼的で、“日韓友好”を前面に出した記事↓を出しています。
きょう「竹島の日」 関係修復求める声相次ぐ
島根県日韓親善協会連合会の水津卓夫会長は「双方が筋張っていても問題は解決しない。時間はかかるかもしれないが、『竹島の日』条例、『独島の月』条例ともに破棄されることが、関係修復のために必要ではないか」と指摘する。
「対馬島の日」はどうするんでしょう?
「九州の話だから、知ったことじゃない」なんですかね。
次に、エキサイトの記事(共同通信社の配信記事)を二本。
「竹島の日」で式典開催 島根県警は250人態勢
昨年3月に竹島の日条例が成立した際には、抗議行動のため来日していたソウル市議が議会棟の玄関付近でカッターナイフを出し、取り押さえられる騒ぎになった。
この人は今回も来るそうですが、同じことをするんでしょうか。
「竹島の日」で式典開催 韓国男性が抗議も
式典で澄田信義知事は「条例で国民世論の喚起という意味では大きな成果が得られた。国に対して解決に向けた粘り強い交渉を求めていく」などとあいさつした。
自国領土の防衛に及び腰(無関心?)の長崎県知事や沖縄県知事と違って、こういう姿勢に関しては評価するべきでしょう。
「竹島の日」条例に反対するため韓国から来日していた男性が、県庁舎の近くで「独島は韓国領土」などと書いたポスターを掲げ抗議した。
日本人が韓国で同じことをしたら、無事に帰国できるんでしょうか?
例え一部の人間とはいえ、「日本人には何をしてもいい」と考える韓国人が現実にいますからね。

韓国の反応はブログ「大空のサウラビ・・切除の果てに悔いなし」が詳しいです。
ブログ「厳選!韓国情報」も詳しいです。
最後は産経新聞の記事(大阪夕刊)
「竹島の日」 会場周辺騒然 松江
一方、昨年三月に同県庁で刃物を取り出すトラブルを起こした、政治団体「大韓民国独島郷友会」会長の崔在翼ソウル市議(50)らは、式典を阻止する抗議行動を会場近くの県庁などで行うと表明。周辺は大勢の警察官や報道陣で騒然とした。
「阻止」って…。
日教組の教研集会を街宣右翼が妨害するように、大音響でがなりたてるんでしょうか?

小泉総理は、領土問題に冷淡なようです。
現に奪われている“北方領土”でも竹島でも、外国に領有を主張されている対馬・尖閣諸島・沖縄についても、特に行動を起こす様子はありません。
次の総理(安倍氏か麻生氏か)に期待するしかないんでしょうか…。
[PR]
by Hi-Zettaisha | 2006-02-22 22:56 | 政治・軍事・外交