世の中のいろいろなことに対して、少しばかり主張してみます。


by Hi-Zettaisha
カレンダー

2006年 04月 11日 ( 2 )

尖閣諸島の全ての島々に琉球名があり、尖閣諸島が「琉球」の一部であるのが明らかであることを、前のエントリーで書きました。
日本本土とは別に独立国としての歴史を持ち、本土の人とは違うという「沖縄人(うちなんちゅ)意識」の強い人が多い沖縄県民ですが、こと尖閣諸島に対してはそれほどの意識を持っていないような印象を受けます。
言い換えれば、歴史的に「琉球」の一部であり、現在の県土であるはずの尖閣諸島に無関心であるように思えます。
おそらく、沖縄の地元マスコミの報道や、沖縄の政治家の発言からそう感じるのでしょう。
逆に本土の人の方が、中国・台湾との係争地として、強く意識しているような気さえします。

続きを読む
[PR]
by Hi-Zettaisha | 2006-04-11 23:37 | 政治・軍事・外交

尖閣諸島の琉球名

沖縄県・西表島の北に位置する、尖閣諸島。
ご存じのように、日本の領土であるにもかかわらず、石油や天然ガス等の資源が埋蔵されている可能性が出てきた途端、中国(中華人民共和国:大陸の中国共産党政権)と台湾(中華民国:大陸から落ち延びた中国国民党政権)が「自分のものだ」と言い出した島々です。
中国は更に、自国の国内法である「領海法」で、ベトナムやフィリピン等と領有権を争う西沙諸島・南沙諸島と共に、尖閣諸島(中国名「魚釣島」)を自国領と宣言しています。
その西沙諸島・南沙諸島で、中国がどのような軍事行動を取ったかを考えれば、尖閣諸島は日本国内で最も外国の脅威に晒されている場所と言っても過言ではありません。

※尖閣諸島を知らない方には、このホームページが解りやすくて良いと思います。
◆田中邦貴氏の『尖閣諸島問題
◆『尖閣諸島の領有権問題

続きを読む
[PR]
by Hi-Zettaisha | 2006-04-11 22:35 | 政治・軍事・外交